ショップジャパンの真空保存容器フォーサで手作り味噌

フォーサ-手作り味噌

フォーサで簡単手作り味噌


ショップジャパンさんから商品提供していただいた真空保存容器フォーサを使って、簡単に手作りみそを作ってみました。




味噌作りは秋から冬にかけての寒い時期に仕込みます。それは寒い季節でないと雑菌が繁殖しやすく、せっかく作ったお味噌にカビが生えたりするために、雑菌の繁殖が少ない寒い季節にするというのが常識となっています。
でも真空で作ると、雑菌の繁殖がしにくい為、一年中都合の良いときに手作りみそを作ることが出来ます。
昨年に作ったのは6月という、一年中で一番ジメジメしている季節でしたが、真空で作ると無事に手作り味噌が完成しました。
>>>手作りみそ|1年中季節を問わず、手作りみそを作るなら真空パック

今回は真空保存容器フォーサで手作り味噌を作ってみましたので、ご紹介させていただきますね。



手作りみその道具

大鍋

手作りみそ行程
大豆を水につけて、茹でるのに使います。わが家の一番大きいお鍋を使いました。

めん棒とポリ袋

フォーサ-手作り味噌

茹で上がった大豆をつぶすときに使います。
以前はジプロックが大変と思い、フードプロセッサーでつぶしていましたが、家庭で少量作る手作り味噌なら、ポリ袋とめん棒で十分だと思い、今回はこのようにしてみました。家庭用フードプロセッサーは小さいので何度も何度も入れて出して入れて出してを繰り返さないといけないので、今回はポリ袋とめん棒でつぶしました。
こちらの方がラクチンでした。

ショップジャパンの真空保存容器フォーサ

フォーサ

お味噌を仕込む樽の代わりにフォーサを使います。
ショップジャパンフォーサご購入は>>>フォーサ(FOSA)

手作りみその材料

大豆  500g
生麹  500g
塩   250g

材料はたったこれだけですが生麹はなかなか見つからないので、通販で購入が便利です。

手作りみそのレシピ

1 大豆を大鍋に入れて水をたっぷりと入れ一晩漬けておく。(大豆の3倍の量の水)
2 大豆が指でつぶせるほどになるまで柔らかく茹でる。
手作りみそ

3 茹で上がった大豆をザルで濾す。(ゆで汁はあとで使うのでとっておく)
4 3の大豆を少しづつポリ袋に入れてめん棒でつぶす。
  はじめはこのように潰すと楽です。
フォーサ-手作り味噌

  ある程度潰れたらめん棒でゴロゴロ。
フォーサ-手作り味噌

4 麹を手でほぐして、塩と合わせて手のひらで丁寧にすりつぶす。
手作りみそ

5 4と3の大豆を手でしっかりと潰しながら混ぜる。
  ゆで汁を足しながら、耳たぶぐらいの硬さになるように調節する。

6 5をひと固まりに空気を抜きながら丸める。
フォーサ-手作り味噌

7 6をフォーサの保存容器にしっかりと押しながら空気を抜くようにして入れていく。
フォーサ-手作り味噌

8 7にフタをして、フォーサ本体をのせてスイッチを入れて止まれば出来上がり。
  あとは冷暗所で保存。暑い季節だと3か月ぐらいから食べられます。

今回のレシピの量で、フォーサの真空保存容器大と中の2個分出来ました。


ショップジャパンの真空保存容器フォーサで手作り味噌を作った感想

以前作ったときは真空パック器と真空パック専用袋で作りましたが、真空パック専用袋を真空パック器に挟むのが、挟みにくくって大変でした。
フォーサは保存容器に直接入れて、しっかりと押すことである程度空気も抜け、仕上げにフォーサ本体でしっかりと空気抜けるので、とっても簡単に手作り味噌が作れました。

容器のまま保存できるので、使い始めても再真空出来るのが、私にとってとっても便利なところです。
真空保存するとお味噌の臭いも外に漏れないので、虫が寄ることもないと思います。


ショップジャパンフォーサご購入は>>>フォーサ(FOSA)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする