30年前の経年劣化したアムウェイ鍋復活!&鍋の焦げ付きを簡単にきれいにする方法

アムウェイ鍋


母が約30年前に購入したアムウェイのお鍋。母が数年前に亡くなったので私が引き継ぐことになり、毎日快適に使っていました。やっぱりアムウェイのお鍋は素晴らしいと実感!でも30年も使っているので当然のことながら経年劣化で鍋のハンドル部分が壊れてしまいました。

アムウェイ相談室にまず電話!

電話応対
お気に入りのアムウエイの鍋。毎日使えば使うほどにこのお鍋のファンになってしまい、他のお鍋を使うなんて考えられなくなっていました。
そんな時に、ボロッと鍋のハンドルが取れてしまいました。
幸い調理中でなく調理前で、中には水だけを入れた状態だったので、ケガ・火傷はまのがれました。

でもアムウエイの鍋以外は考えられないので、母が購入していた時に話していたことを思い出しました。

「アムウエイの鍋は壊れた時、ず~っと保証してくれるのよ」

この言葉を思い出して、日本アムウエイの相談室に電話をしました。
>>>アムウェイ相談室

そこでとっても嬉しい対応をしていただきました。

「経年劣化の場合は1回だけ無償でハンドル部分を交換させていただいています。一部対応していないお鍋もあるのでお鍋の種類は何ですか?」

母が購入したのはAmwayQueenアムウェイ クィーン クックウェア 24ピースセットです。
>>>アムウェイ クィーン クックウェア 24ピースセット
その中の大中小のソースパンと大小のフライパンのハンドルが保証され、壊れたハンドルだけでなくセットで送ってくださいました。
アムウェイ鍋

取り付けはとっても簡単!

アムウェイ鍋
ハンドルとネジが一組になっていて、壊れた部分を取り替えるだけで、誰でも簡単に取り付けられます。

長年使用してきたハンドル部分の汚れ

お恥ずかしいのですが、約30年使用して汚れが蓄積したハンドル部分。
ハンドルを外すことはめったにないので、この機会にしっかりと焦げ付きをとることにしました。
アムウェイ鍋

まずは処理前後の画像です。右側が処理後です。
アムウェイ鍋

鍋の焦げ取り自家製簡単洗剤

以前にNHKのあさイチで紹介されていたプリン石鹸が大活躍。

作り方はとっても簡単です。
昔ながらの粉せっけんを、ぬるま湯を入れたペットボトルに50g入れてしっかりと溶かし一晩おいて完成です。
私が使っている粉せっけんはミヨシ石鹸 NEW そよ風せっけんです。

>>>【5500円(税込)以上で送料無料】ミヨシ石鹸 NEW そよ風せっけん 2.16kg 環境洗剤(エコ洗剤) 衣類用【4537130100011】

一晩おくとプリン上になるので、鍋の焦げ付いた部分に塗りラップで覆い、約30分置いておくだけで、スポンジでやさしくこするだけで、簡単に焦げ付きを取ることができます。
アムウェイ鍋-焦げ取り

アムウェイ鍋-焦げ取り

30分放置してきれいに洗ったお鍋。
アムウェイ鍋

もう少し放置すると、もっときれいになりましたが、少し早かったですね。
でもクレンザーなどでこすると、大切なお鍋が傷だらけになりますが、この方法だとピカピカになります。

専用洗剤をそろえると、狭いキッチンなので置き場所に困ります。
わが家では以前から粉せっけん・セスキ・重曹・を常備して、その都度いろいろに使い分けています。
最近ではコストコのオキシクリーンも仲間入りして、家事もとっても楽になりました。

オキシクリーンはコストコでしか購入できないと思っていたのですが、楽天市場で送料無料を見つけたので、オキシクリーンはこちらで購入しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする