たけのこの保存方法|真空パック






旬のたけのこを保存したい!

春を代表する食材の「たけのこ」現代ではハウス栽培などで、たいていの野菜は1年中手に入れることができます。
しかし、「たけのこ」は春だけしか手に入れることができません。もちろんスーパーに行けば1年中水煮・缶詰が売られていますが生の「たけのこ」は春だけですね。

また旬の「たけのこ」はとってもリーズナブルです。旬の筍を真空パックで長期保存できるなら、そんなに素晴らしいことはないですよね!

毎年このうような量を、1週間に1度ぐらい頂きます。

「たけのこ」の産地では、どの家庭でも溢れるばかりの「たけのこ」が冷蔵庫に入っていて有難いけれど、見るのもイヤとばかりの「たけのこ」。反面「たけのこ」はお正月のおせちに使ったり、中華料理に使ったりと1年中使い道があります。


わが家のたけのこの保存は真空パック

わが家では旬の「たけのこ」を真空パック器で保存して「おせち料理」に使っています。

上の画像は、4月19日に真空パックしたものです。そして12月31日にはおせち料理のお煮しめに使いました
少しお味は落ちていましたが、国産の安心の竹の子を食べることができるのでとっても有難かったと思っています。

竹の子の茹で方と真空パック

材料
竹の子 1本
糠 適量
鷹の爪 1本
真空パック専用袋 1枚

手順
1 竹の子は皮のまま先を斜めに切り、先から縦に切れ目を入れて下ごしらえする。
2 大きな鍋に水をたっぷり入れて1・糠・鷹の爪を入れ、落とし蓋をして柔らかくなるまで茹でて、冷めるまで放置する。
3 2のたけのこの皮を剥く。
4 竹の子を縦半分に切り、キッチンペーパーでしっかりと水けを絞ってから
  真空パック専用袋に入れて真空パック器にかけて出来上がり。

真空パック器を使って竹の子を保存する場合の大切なことは4番の工程です。竹の子は水分が沢山あるため、しっかりと絞らないと真空パックするときに水分を吸い上げてしまって真空パック器の故障の原因になるのでしっかりと絞ってくださいね。

わが家の真空パック器

真空パック器はとっても高価な気がしますがわが家で使っている、家庭用真空パック器はとってもリーズナブル!わが家のCCP 【BONABONAシリーズ】の家庭用真空パック器はアマゾンで1万円以下で購入することができます。

CCP 【BONABONAシリーズ】は、扱いもとっても簡単で付属の真空パックの袋は、お好みの大きさに切ってシーリング出来、専用カッターも器械に備え付けられているので、無駄なく使うことができます。

使うときのことを考えて、上のように2個真空にしたり1個真空にしたりと、使い勝手の良いように真空しておけば用途に応じてすぐに使うことができます。

4月19日に真空パックしたたけのこは
8か月余りたったおせち料理にも使うことができました。

食べ飽きながら食べ続けたり、飽きてしまって捨ててしまうことになるほど
勿体ない事はありませんね。
真空パック器は、このような時にとっても助かる調理器具です。


真空パック器のメリット・デメリット

真空パック器を使う場合は袋に入れて真空にするのでカサが低く、冷蔵庫の場所を取らないのがメリット!
でも真空パック器はキッチンペーパーで水分をしっかりと絞らないといけないのがとっても手間がかかり、また竹の子の風味が少し落ちてしまいまうのがデメリットです。

大きい冷蔵庫で保存できるご家庭の場合は、カサは高くなりますが、手間も風味も損なわないショップジャパンの真空パック保存容器のフォーサがオススメです。

家庭用簡単真空保存容器ならショップジャパンの真空保存容器フォーサ。フォーサはコンパクトで簡単にちゃちゃっと真空保存できちゃうすぐれもの。コードレスで乾電池なので置き場所を選ばずどこででもちゃちゃっと真空保存!真空で保存すると煮物は味がしみてより美味しく、また手作りみそも作れちゃう家庭用真空保存容器です。

竹の子の真空調理

最話題の真空調理はわが家では以前から使っている調理法です。この時期のたけのこならではの真空調理をご紹介させていただきますね。
たけのこを佃煮くらいの大きさに切り、調味料と一緒に真空パックすると、とっても簡単にたけのこの佃煮を作ることができます。
真空調理は調味料をかなりひかえることができるので減塩を心がけている方にもとってもオススメの調理法です。

真空調理で減塩たけのこのおかか煮です。 素材と調味料を一緒に専用に袋に入れて作る真空調理は 調味料がかなりおさえられ、減塩になるのに...