フィリップス マルチチョッパー|モニターさせていただいています♡


2月に発売されたフィリップス マルチチョッパー
ず~っと気になっていたら、ご縁があってモニターさせていただくことになりました。
チョップドサラダのための、マヨネーズとドレッシングもおまけに付いていました^^
フィリップスと言えばノンフライヤーがとっても有名ですね。
そしてその他にヌードルメーカー。
どれもお料理好きには気になる調理家電です。
その第3段がマルチチョッパーです。




マルチチョッパーの特徴

マルチチョッパーには、「チョップドロップモード」と「フードプロセッサーモード」の2つのモードがあり
「チョップドロップモード」の時にはチョップドロップ用ブレード、「フードプロセッサーモード」の時は
フードプロセッサー用ブレードの2種類のブレードを使い分けることができる。
「チョップドロップモード」では、食材が均等にカットできるため流行のチョップドサラダを作れ、
「フードプロセッサーモード」ではミンチ・すり身等、そして長いものすりおろし
スムージーまで作ることができる。
マルチチョッパー1台あれば、たいていの下ごしらえが出来ます。

チョップドロップモードの使い方

使用するのはチョップドブレードとバスケット。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チョップドブレードをバスケットにセットする。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セッティングしたバスケットに、適当な大きさに切った野菜を入れる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バスケットにカバーをして本体をかぶせて上から抑える。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブレードの回転速度は、毎分1,500回転。
従来のフードプロセッサーと比べて水分が30%多く残る「ドライピースカット」で
野菜がシャキシャキ感が残るのが特徴です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カットした野菜とお好みのドレッシング・マヨネーズなどと混ぜれば
とってもおしゃれなチョップドサラダの出来上がりです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チョップドロップモードはチョップドサラダのほか
餃子の具のみじん切りなどが、とってもキレイに簡単に作れます。

フードプロセッサーモードの使い方

使用するブレードはフードプロセッサー用ブレード。
カップにフードプロセッサー用ブレードを取り付ける。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのあとはチョップドロップモードの時と同じようにカバーをして
本体をのせて、上から押すだけです。
毎朝のスムージーがとっても美味しく作れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モニターの感想

特に気に入っているのは、モーター音が小さいことです。
毎朝、早朝にスムージーを作るため、今までのマジックブレンダーは
ご近所に迷惑にならないかと、ドキドキしながら使っていましたが、
フィリップス マルチチョッパーは、モーターの音が静かなので
早朝でもまわりを気にせずに使うことができました。
健康の為の毎朝のスムージー習慣が、ストレスフリーになりました。