手作りみそ|1年中季節を問わず、手作りみそを作るなら真空パック


世間では一般的に味噌づくりは冬にするもの!と思われていますね。何故手作りみそは冬なのか?というと、ズバリ気温が低いから雑菌が繁殖しにくいために、冬に作ると失敗が少ない!そういう理由で世間的には手作りみそを作るのは冬!と言われています。でも真空パックで手作りみそを作る方法で、梅雨まっさかりの6月中旬から味噌づくりを始めて成功しました!




真空パックの手作りみその道具

大鍋

手作りみそ行程
大豆を水につけて、茹でるのに使います。わが家の一番大きいお鍋を使いました。

フードプロセッサー

手作りみそ
茹でた大豆をつぶすときに使います。

手作りみそ
少しずつジプロックに入れて潰していましたが、大変だったんので断念。

真空パック器

わが家は 【BONABONAシリーズ】 真空パック器 を使っています。以前に真空パックレシピ開発のお仕事をさせていただいたときに提供されたものです。思ったよりも安価で使いやすいので気に入っています。
ただ【BONABONAシリーズ】は収納が横置きなので、わが家のような狭小キッチンには少し邪魔になるのが本音。
そこで置き場所を選びにくいタイプの真空パック器を、ショップジャパンさんで見つけました!

タレントタレント天野ひろゆきさんもご愛用のフードシーラー ピタント

ショップジャパンさんのフードシーラーピタントなら、縦置きが出来るので、収納にすごく便利そうです。今使っている【BONABONAシリーズ】が壊れたら、次買い替えるときは絶対に「フードシーラーピタント」ですね。

真空パック用の袋

手作りみそ.
出来上がった味噌を真空パック用の袋に入れて、発酵熟成させます。

手作りみその材料

麹   1キロ
大分県臼杵市のカニ醤油さんの生麹を使いました。
手作りみそ

大豆  1キロ
あら塩 500g

初めて手作りみそを作られる方様に、手作りみそセットもお取り寄せできます。

手作りみそのレシピ

1 大豆を大鍋に入れて水をたっぷりと入れ一晩漬けておく。(大豆の3倍の量の水)
2 大豆が指でつぶせるほどになるまで柔らかく茹でる。
手作りみそ

3 2の大豆をフードプロセッサーなどでつぶす。 フードプロセッサーを使うときは少しづつ入れて潰す。
手作りみそ

4 麹を手でほぐして、手のひらで丁寧にすりつぶす。
手作りみそ

5 4の麹・3の大豆・あら塩を手でしっかりと潰しながら混ぜる。
手作りみそ

6 5をひと固まりに空気を抜きながら丸める。
手作りみそ

7 6を真空パック用の袋に入れて、真空パック気にかける。
手作りみそ

8 7をそのまま室温において熟成させて出来上がり。約3か月ほどすると食べられるようになります。

今回の反省

今回初めてお味噌づくりに挑戦しましたが、反省点は麹を手ですりつぶす工程4の時に、もっとしっかりと手ですりつぶすべきだったと思っています。お味は上のレシピですごく美味しく、娘の旦那さんにも「お義母さん、このお味噌どこのですか?美味しい~~~」とお褒めの言葉を頂きましたが、原型をとどめた麹が多かったので、少し食べにくく感じました。食べるときにすり鉢・フードプロセッサーなどでつぶすといいのですが、それもなんだか面倒なので、作る工程の4のところでしっかりと潰すべきだったと反省してます。

今回使った味噌づくりの道具のメーカー

真空パック器はシーシーピー 真空パック器

真空パック器専用袋

フードプロセッサー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする